【ソウル共同】韓国ソウルの繁華街・梨泰院の路地で29日夜、ハロウィーンを前に集まった多数の若者らが折り重なるように倒れる事故が起きた。警察などの発表によると、外国人20人超を含む154人が死亡、130人以上が負傷。10代と20代の日本人女性2人の死亡が確認された。現場は幅約3メートルの狭い坂道で、下に向かって次々と転倒したという。多くが圧死したとみられる。

 亡くなった20代の日本人女性は北海道根室市出身の冨川芽生さん(26)とみられる。外務省から家族に連絡があった。語学留学中だった。韓国側関係者によると、もう1人の日本人女性は18歳で、留学生とみられる。