【ニューヨーク共同】ロシアが発表したウクライナ産穀物輸出の4者合意の履行停止について、国連のドゥジャリク事務総長報道官は29日、輸出が世界の食料供給に重要な役割を果たしてきたと強調し「各当事者はこの取り組みを危険にさらす行動を控えるべきだ」とのコメントを発表した。

 ロイター通信によると、ロシアは国連のグテレス事務総長宛ての書簡で、合意履行を無期限で停止すると伝達した。

 ロシアのポリャンスキー国連次席大使はツイッターで、履行停止の理由として主張するウクライナ軍のクリミア半島に向けた攻撃について、安全保障理事会で31日の会合開催を要請したと明らかにした。