【キーウ共同】国際原子力機関(IAEA)は3日声明を発表し、ウクライナが放射性物質をまき散らす「汚い爆弾」を製造しているとのロシアの主張を受けてウクライナの施設で検証活動を行った結果、未申告の核活動などは確認されなかったと明らかにした。

 発表によると、IAEAは数日間にわたり、ウクライナの施設3カ所で検証活動を実施した。グロッシ事務局長は、これまでのところ「未申告の核活動や物質の兆候はない」と指摘した。

 IAEAは、環境試料も採取。グロッシ氏は可能な限り速やかに、これらの調査結果も報告する方針を示した。