【キーウ共同】ウクライナ軍のザルジニー総司令官は3日、同国侵攻をロシアが始めた2月からの約8カ月で、ロシア軍の航空機計278機を破壊したと明らかにした。旧ソ連は約10年に及んだアフガニスタン侵攻で118機を失ったとし「アフガンの倍だ」と述べた。ウクライナ軍は欧米などの軍事支援を背景に、ロシアを苦境に追い込んでいる。

 総司令官は、ウクライナ侵攻はアフガンへの軍事介入と同様に「ロシアにとって恥。同国の破壊をもたらす」と訴えた。

 冷戦下の1979年、ソ連はアフガンに親米政権が樹立されることを危ぶみ侵攻したが、89年に撤退した。