【天津共同】北朝鮮の朝鮮人民軍総参謀部は7日、米韓両軍が5日まで行った大規模な共同航空訓練「ビジラント・ストーム」に対抗し、2〜5日に「軍事作戦」を行い、弾道ミサイルや多連装ロケット砲などを80発以上発射したと表明した。

 2日午後に韓国南東部・蔚山約80キロ沖合の日本海の公海上に2発の「戦略巡航ミサイル」を撃ち込んだとも主張した。韓国が海上境界線と主張する北方限界線(NLL)の南側とみられる。韓国はこの2発についてこれまで言及していない。

 朝鮮人民軍は「敵の戦争演習に持続的で断固たる圧倒的な実践的軍事措置で対応していく」と強調した。