【ロンドン、キーウ共同】英国防省は8日、ロシア軍が「竜の歯」と呼ばれるコンクリート製でピラミッド型の対戦車防御用障害物を製造し、占領地の東部ドネツク州マリウポリ周辺に設置したほか、南部ザポロジエやヘルソン両州でも防御を固める準備を進めているとの分析を発表した。

 ロシアは東部ルガンスク州でも防御線を強化。英国防省はロシアがウクライナ軍に前線を突破されないよう準備していると指摘した。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は7日、ザポロジエに本社を置く航空エンジンメーカー「モトール・シッチ」など5社の資産を政府管理下に置くことを決めたと通信アプリで明らかにした。