【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症の集計で、10月31日〜11月6日の週間感染者数が日本は前週比42%増の40万1693人で、世界最多となった。日本は7月中旬〜9月下旬、10週連続で世界最多を記録していたが、一時感染者数は減少していた。

 週間死者数は米国が2480人で世界最多。日本は391人で、感染者数に比して少なく抑えられている。世界全体の週間死者数は前週比10%減の9405人だった。

 感染者数は日本に次いで韓国が29万人、米国の26万人、ドイツが22万人、中国が21万人と続いている。