【キーウ共同】ウクライナ国防省情報総局は11日、ロシアが9月末に一方的に併合を宣言したウクライナ東部・南部4州のうち、南部ヘルソン州の州都ヘルソンにウクライナ軍が入ったと発表した。町の支配がウクライナに戻りつつあるとし、市内に残るロシア兵に対し投降を呼びかけた。ヘルソン市はロシアが2月の侵攻以降、唯一掌握したウクライナ州都で、奪還はウクライナ側にとって大きな戦果となる。

 一方、ロシア国防省は11日、ヘルソン州のドニエプル川西岸地域からの部隊撤退が完了したと発表。

 ウクライナメディアは、ヘルソン入りしたウクライナ兵を迎えて歓喜する市民の写真などを報じた。