【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は11日、ロシアが一方的に併合を宣言した南部ヘルソン州の州都ヘルソンをウクライナ軍が「取り戻している」と述べ、奪還しつつあるとの認識を示した。「歴史的な日だ」と評し、既に特殊部隊が市内に入り、主力部隊も近づいていると強調した。交流サイト(SNS)には、ヘルソンの住民がウクライナ国旗を掲げて広場を歩く様子や涙を浮かべて兵士と抱き合う映像が投稿された。

 侵攻直後の3月に制圧されたヘルソンをウクライナが事実上奪還したもようだ。米高官も「並外れた勝利」と歓迎した。

 ヘルソンはロシアが2月の侵攻以降、唯一掌握した州都。