【ワシントン共同】米中間選挙は11日も開票が続いた。米主要メディアによると、上院(定数100)選を巡り与党民主党が西部アリゾナ州で勝利を確実にした。獲得議席は非改選を含め49で野党共和党と並んだ。ネバダ州でも猛追して僅差に持ち込んでおり、多数派維持に向け勢いを見せている。共和党は下院でリードを維持しているが、事前予想に反して伸び悩む。指導部の責任を問う声も上がり、内部対立が表面化した。

 上院は民主党がネバダで勝利すれば、多数派を保つ。共和党が奪還すれば、決着は12月のジョージア州の決選投票に持ち越しに。

 下院(定数435)は共和党211、民主党が200。