トヨタ自動車が開発中の水素を燃やして走るエンジン車が12日、世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンド「ラリージャパン」の会場となった愛知県岡崎市の河川敷で競技前にデモ走行した。元WRC王者のトミ・マキネン氏がハンドルを握り、多くの観客に脱炭素に貢献する水素の可能性を披露した。

 会場に駆け付けたトヨタの豊田章男社長は、記者団に「電気自動車(EV)も重要な選択肢。ただ、唯一の選択肢にはならない」と指摘。「多様化した社会には多様化した解決策が必要というメッセージは共感いただいたと思う」と述べた。

 水素エンジン車は走行中に二酸化炭素(CO2)をほとんど出さない。