【台北共同】26日投開票の台湾統一地方選まで2週間となった12日夜、蔡英文総統は総統府近くで開かれた与党、民主進歩党(民進党)の大規模集会で演説した。中国共産党が10月の党大会で台湾統一を目標に掲げたことに触れ「世界が自由と民主主義の最前線にある台湾(選挙)を注目している」と述べ、中国による統一を拒否する民進党への投票を呼びかけた。

 民進党は2016、20年の総統選と立法委員(国会議員)選で大勝したが、18年の統一地方選では大敗した。蔡氏は対中融和策を掲げる最大野党、国民党との対中政策の違いを際立たせることで、巻き返しを図りたい考えだ。