【プノンペン共同】岸田文雄首相は13日、カンボジア・プノンペンで韓国の尹錫悦大統領と会談した。日韓首脳の正式会談は約3年ぶり。両国関係の改善への協力を確認。元徴用工訴訟問題で外交当局間の協議が加速している状況を踏まえ、早期解決を図る方針で合意した。北朝鮮の核・ミサイルに対応するため日米韓の安全保障協力を強化することで一致した。自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた連携も確認した。

 中国を「最も重大な戦略的競争相手」と位置付け民主主義国の結束を図るバイデン米政権の意向を踏まえ、日韓両国は法の支配やルール順守といった国際秩序維持へ米国との協力を進める。