【ヌサドゥア共同】バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は14日夜(日本時間同)、インドネシア・バリ島で会談し、中国が軍事圧力を強め緊張が高まる台湾を巡って互いの立場を譲らなかった。ホワイトハウスによると、米中の競争関係を管理するための「原則」を協議し、衝突回避のために意思疎通を強化することで一致。ロシアを念頭に、両首脳はウクライナでの核兵器の使用や威嚇に反対を表明した。

 バイデン氏の大統領就任後、両氏の対面での会談は初めて。会談は約3時間に及んだ。米中首脳の対面会談は3年5カ月ぶり。