【ヌサドゥア共同】バイデン米大統領は14日、中国の習近平国家主席と会談した後の記者会見で「新冷戦は必要ない」と述べ、台湾情勢を巡り高まる緊張の緩和に取り組む考えを表明した。習氏は会談で新冷戦を望まないとする米国の対応を評価する一方で、中国の共産党一党支配への自信を誇示した。欧米の民主主義に基づく価値観との隔たりが鮮明となった。

 インドネシア・バリ島での会談は、米中の競争関係を衝突に発展させないための意思疎通の継続では合意したが、中国が核心的利益とする台湾問題や人権問題を巡っては双方とも譲歩せず、平行線をたどった。