【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は17日、北朝鮮が同日午前、日本海に向けて弾道ミサイルを発射したと明らかにした。北朝鮮による弾道ミサイル発射は9日以来。

 日米韓3カ国が13日、カンボジアで開いた首脳会談で、北朝鮮に対する安全保障協力を進めることなどをうたった共同声明を採択しており、反発した可能性がある。

 北朝鮮は今年に入り異例の頻度で弾道ミサイルを発射しており、7回目の核実験強行の懸念が強まっている。

 松野博一官房長官は17日の記者会見で、「個々の具体的な情報の内容について答えるのは差し控える」とした上で、米韓と連携して情報収集に当たると述べた。