【カイロ共同】2018年のサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件を巡り、サウジのムハンマド皇太子の責任を追及するとして米国で起こされた裁判で、バイデン米政権は18日までに、皇太子は免責されるとの見解を裁判所に示した。AP通信などが伝えた。裁判所が今後、当否を判断する。

 皇太子は9月にサウジ首相に就任した。国家元首は国王だが、首相就任により元首に適用される免責の原則が同様に適用された。人権重視のバイデン大統領はこれまで、事件に関し皇太子の責任を追及する姿勢を示していた。政権は、免責は事件自体に対する考え方ではなく「純粋な法的判断」だと強調した。