【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は21日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への対応を協議する緊急会合を開いた。多くの理事国がミサイル発射を非難し、米国は議長声明の採択を訴えた。北朝鮮寄りの中国とロシアは抵抗し、具体的な対応は取れなかった。

 今年に入って北朝鮮に関する安保理会合は10回目。安保理の機能不全が顕著となっており、先進7カ国(G7)外相は20日の共同声明で安保理による北朝鮮への「重大な措置」を求めていた。

 会合後、日米韓やインドなど計14カ国は北朝鮮を非難する共同声明を発表した。