国内で29日、新たに229人の新型コロナウイルス感染者の死亡が報告された。1日当たりの死者が200人を超えるのは9月13日以来で、今月に入り急増。累計も5万人に迫っている。地域別の死者数は北海道で過去最多の58人、東京11人、愛知10人などだった。

 29日に全国で新たに確認された感染者数は12万9899人。前週の同じ曜日から5千人以上増え、岩手と秋田で過去最多を更新した。地域別の感染者数は東京1万4680人、愛知9854人、北海道9702人など。

 厚生労働省によると、全国の重症者は前日より12人増えて334人だった。