【ソウル共同】日本人2人を含む158人が死亡したソウル・梨泰院の雑踏事故で、韓国警察庁の特別捜査本部は5日、事故の恐れを指摘した報告書の破棄を指示したとして、証拠隠滅教唆の疑いで前ソウル警察庁公共安寧情報外事部長のパク・ソンミン容疑者ら2人を逮捕した。事故を巡る逮捕者は初めて。韓国メディアが伝えた。

 特別捜査本部は警察や行政の不手際が被害拡大を招いたとみている。警察庁やソウル警察庁、梨泰院を管轄する竜山署などを家宅捜索し、任意で関係者から聴取を進めてきた。警察が警察を調べる「身内捜査」の実効性が疑問視される中、身柄拘束に踏み切って責任追及を本格化する。