【ベルリン共同】ドイツ検察は7日、テロ組織に参加した疑いなどで、極右勢力のメンバーら25人を拘束したと発表した。独自の国家樹立を目標に、政府転覆を狙って連邦議会議事堂の襲撃を企てた疑いがあるとしている。地元メディアによると、首謀者の1人は「ハインリヒ13世」と名乗る貴族の家系出身の男(71)とされる。

 検察の発表によると、拘束されたのはテロ組織のメンバーのドイツ人22人と、支援者のロシア人1人を含む3人。男らは遅くとも昨年11月までにテロ組織を形成し、メンバー募集や射撃訓練などを実施していた。