【ソウル共同】韓国の尹錫悦大統領は2日付の朝鮮日報のインタビューで、元徴用工問題の解決に向けた日本との協議を「肯定的に見ている」と述べた。日本企業の資産現金化に向けた手続きが韓国内で進む中、尹氏は「現金化の問題さえ(回避され)解決すれば関係正常化の道を開くことができる」と期待感を示した。

 尹氏は、元徴用工問題などを解決済みだとする日本政府の立場は「依然強硬」だとした上で、日本側にも解決に前向きな雰囲気はあると指摘。「私たちはもちろん、日本も過去の良好だった韓日関係に戻ろうとしている」と述べた。