【ニューヨーク共同】国連が「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」と定める26日、ニューヨークの国連本部で核なき世界を目指す高官級会合が開かれた。グテレス事務総長は、各国への働きかけに全力を尽くすと「広島と長崎の被爆者に誓った」と述べ「核使用を防ぐ唯一の手段は核廃絶だ」と強調し、核保有国に軍縮推進を要請した。

 ロシアがウクライナで核兵器の使用をちらつかせていることを念頭に「核による威嚇は狂気だ」と批判した。核拡散防止条約(NPT)と核兵器禁止条約に基づく取り組みの強化を訴え、包括的核実験禁止条約(CTBT)発効のため、米国と中国、北朝鮮など8カ国に批准を求めた。