【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は5日、米NBCテレビとのインタビューで、制空権を握るロシアに対抗するため、各国に防空システムの供与を加速するよう訴えた。防空システムを米国と共同生産する案を検討しているとも説明した。攻撃用無人機の供与も求めた。

 イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘が続くパレスチナ自治区ガザ情勢に国際的な関心が集まる中、ゼレンスキー氏は防空態勢強化やF16戦闘機の投入で制空権の確保を急ぎ、停滞する反転攻勢で勢いを取り戻したい考えだ。