塩野義製薬傘下で医薬品製造のシオノギファーマ(大阪府摂津市)は7日、せき止め薬「メジコン」を大幅に増産すると発表した。来年1〜3月には、1カ月当たりの生産量を今年1〜10月平均の約2.2倍となる約3700万錠に増やす。インフルエンザなど感染症の流行や、ジェネリック医薬品(後発薬)の品質不正に伴うせき止め薬の供給不足に対応する。

 同日、加藤晃社長が武見敬三厚生労働相に増産計画を報告した。メジコンの生産を担う人員を増やし、現在の昼夜2交代制を3交代制とする。今後は追加の設備投資も検討する。メジコンは国内で高いシェアを持つ。