【キーウ共同】ウクライナ政府の偽情報防止センターは8日、同国軍のザルジニー総司令官が「ゼレンスキー(大統領)はわれらの敵だ」として、兵士に「司令官の違法な命令」に従わないよう呼びかける偽動画が拡散していると発表した。ロシアの偽情報拡散の一環で、生成人工知能(AI)が本物そっくりの動画などを作成する「ディープフェイク」の手法が使われたという。

 同センターは「ロシアがパニックを引き起こし、政府と軍を分断しようとしている」と主張。作成された偽動画は、通信アプリの「テレグラム」などを通じて拡散したとしている。

 センターが公表した偽動画には、軍服姿のザルジニー氏に似た人物がウクライナ国旗の前で「ゼレンスキーは私を排除しようとしている」「いま行動しなければ国が破滅してしまう」などと話す内容となっている。