厚生労働省は10日、全国約5千の定点医療機関から10月30日〜11月5日に報告されたインフルエンザの感染者数が計10万4359人で、1医療機関当たり21.13人だったと発表した。前週比は1.07倍。厚労省担当者は「数字上は横ばいだが、感染が落ち着くかどうかはまだ判断が難しい。注視したい」と話している。

 国立感染症研究所の推計では全国の患者数は約73万3千人。

 厚労省によると、都道府県別で1医療機関当たりの感染者数が多かったのは、山梨39.63人、埼玉34.84人、愛知34.62人。少なかったのは福井6.74人、青森7.72人。休校や学級閉鎖などは全国で計5067施設に上った。