【キーウ共同】英国のキャメロン外相がウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪れ、ゼレンスキー大統領と会談した。ウクライナ大統領府が16日、発表した。13日に外相に起用されたキャメロン氏にとって初外遊。16日に南部オデッサも訪れた。

 英国は主力戦車や長射程兵器の供与をいち早く表明するなど、ウクライナ支援で重要な役割を果たしており、米国や欧州諸国で支援疲れが懸念される中、継続を強く訴えてきた。キャメロン氏は「(戦闘終結まで)どれだけ時間がかかっても、英国は外交や経済、軍事的支援を続ける」と強調した。

 穀物輸出合意からロシアが離脱した後に設置された黒海の臨時航路についても協議した。