【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は20日、首都キーウ(キエフ)でオースティン米国防長官と会談した。「米国の支持は極めて重要だ。われわれは米国を頼りにしている」として支援継続を求めた。米政府は同日、対戦車兵器や300万発以上の小火器用弾薬の供与を含む最大1億ドル(約150億円)の追加軍事支援を発表した。

 ゼレンスキー氏は「必要な兵器と弾薬が途切れずに供給されることが死活的に重要だ」と訴えた。オースティン氏は会談後、記者団に対し「戦場で成功を収めるため必要な物を得られるようにする」と述べた。

 米国では野党共和党を中心にウクライナ支援への否定的な意見が広がりつつある。