【ワシントン共同】来年の米大統領選で再選を目指すバイデン大統領は20日、81歳の誕生日を迎えた。同日開いたホワイトハウスの行事で演説し、米人気歌手テイラー・スウィフトさんの名前を挙げようとして人気歌手ブリトニー・スピアーズさんと言い間違えた。高齢による衰えが懸念されている。

 ホワイトハウスでの行事は、市民が七面鳥料理を楽しむ感謝祭を前に毎年開かれる「七面鳥恩赦式」。恩赦を受けた七面鳥は食卓に並ぶのを免れる。バイデン氏は「今日は私の誕生日だ。60歳になるのは大変なことだ」と冗談を飛ばした後、厳しい選考を経て恩赦を受ける七面鳥が決まったと説明。スウィフトさんの公演チケット入手より難しかったはずだと言おうとした。

 言葉に詰まって思い出そうとするような表情を見せた後「ブリトニーのツアーのチケットを得るよりずっと大変だ。彼女は今ブラジルにいる」と語った。実際にブラジルで公演をしているのはスウィフトさんだった。

 バイデン氏はこれまでも人名や国名、肩書の言い間違えを繰り返している。