厚生労働省は24日、全国約5千の定点医療機関から13〜19日に報告されたインフルエンザの新規感染者数は計10万6940人で、1医療機関当たり21.66人だったと発表した。前週比1.25倍で2週間ぶりに増加に転じた。

 9月のシーズン入り後初めて全ての都道府県で「注意報」の基準となる10人を超えた。厚労省は「引き続き予防や感染対策をしてほしい」と呼びかけている。

 43都道府県で増加。佐賀47.26人、北海道39.21人、長野35.59人、宮城31.86人と4道県で「警報」基準となる30人を超えた。少なかったのは福井11.54人、沖縄11.83人、東京12.25人。