【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は26日の声明で、ロシアが占拠するウクライナ南部のザポロジエ原発について、主要な外部の送電線との接続が切れたと発表した。予備の送電線から外部電源を得ているという。

 IAEAのグロッシ事務局長は、ザポロジエ原発の安全状況について改めて憂慮を示した。欧州最大のザポロジエ原発を巡っては、戦闘に巻き込まれ、大事故につながることが懸念されている。