【キーウ共同】ロシア軍との戦闘で前線に展開しているウクライナ軍部隊の陣地でネズミが大量発生し、兵士の食料を食べたり、睡眠を妨害したりする被害が広がっている。軍などは駆除のため捕獲用のわなを前線に送るなどして対応を急いでいるが、駆除効果が最も高いのはネコだとの見方が広がっている。

 ウクライナメディアによると、前線の周辺では戦闘で農地が荒らされたり、耕作が放棄されていたりして、ネズミの餌が減っている。冬に入って寒さが厳しさを増してきていることもあり、風雪をしのぎやすく兵士の食料が保管されている塹壕などの陣地にネズミが押し寄せたとみられる。

 ネズミは食料を食べるだけでなく、通信ケーブルなど電子関連機器をかじって故障させることもあり、戦闘の足かせになっている。

 軍は市民団体と協力して、捕獲用のわなや殺鼠剤などを前線の部隊に届けている。これらに加え、ネズミを捕るネコも送り込まれている。

 中にはSNSで紹介され「ネコ戦士」として有名になったネコもいる。活躍を認められ、賞を授けられたこともあるという。