【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は10日のビデオ声明で、過去数日でイスラム組織ハマスの多数の戦闘員が投降したとして「ハマスの終わりの始まりだ」と主張した。ロイター通信によると、イスラエル軍戦車が10日、地上侵攻するパレスチナ自治区ガザ南部の最大都市ハンユニス中心部に到達した。激しい戦闘が続き、ガザ保健当局によると、10月に戦闘が始まって以降のガザ側の死者は1万7997人に上った。

 ネタニヤフ氏は掃討には時間がかかるとし、ハマスのガザ地区トップ、シンワール指導者のために死ぬなと述べ、さらなる戦闘員の投降を求めた。イスラエルは同指導者を10月の奇襲の首謀者と見なし、行方を追っている。

 軍は10日、ガザ北部シャジャイヤのハマス新司令官を殺害したと表明、北部ジャバリヤでも戦闘を続けた。空軍は今月1日の戦闘再開後、3500カ所以上のハマスの標的を攻撃した。イスラエル政府報道官は、軍がこれまでに少なくとも7千人のハマス戦闘員を殺害したと述べた。ハマスも徹底抗戦しており、10月下旬の地上侵攻以降、イスラエル軍兵士98人が死亡している。