日本政府は26日、岸田文雄首相が4月に国賓待遇で訪米し、同10日にバイデン大統領との首脳会談と公式夕食会に臨むと発表した。林芳正官房長官は記者会見で「両国の緊密な連携を一層深め、強固な日米関係を世界に示す上で大変有意義なものになる」と述べた。日本の首相が国賓待遇で訪米するのは2015年にオバマ大統領に招かれた安倍晋三首相以来。米ホワイトハウスも25日、岸田首相の訪米を発表した。

 首脳会談では、日米同盟の深化を確認し、東・南シナ海で覇権主義的行動を強める中国をにらみ「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて安全保障や経済での協力強化を話し合う。

 台湾や北朝鮮の核・ミサイル開発のほか、ロシアによるウクライナ侵攻、パレスチナ自治区ガザ情勢も協議する。宇宙やサイバー分野での日米間協力強化も確認する見通しだ。日本製鉄による米鉄鋼大手USスチール買収も議題に上る可能性がある。

 NSCのカービー戦略広報調整官は「インド太平洋地域での脅威や課題への対応について、議論することを期待する」と語った。