【北京共同】中国の王毅外相は6日、韓国の趙兌烈外相と電話会談し、朝鮮半島について「現在の情勢緊張には理由がある」と述べ、米韓同盟の強化や北朝鮮に対抗した日米韓の連携をけん制した。王氏は「各国が冷静さと自制を保ち、緊張を高める言動を慎むことを望む」と強調した。中国外務省が発表した。

 中国は韓国の尹錫悦政権が日米との関係を深め、米主導の対中包囲網を強化することを警戒している。

 王氏は健全で安定した中韓関係を推進したいとの考えを示し、韓国が「前向きで友好的な対中政策」を取ることを希望すると表明。サプライチェーン(供給網)の安定を共に守るべきだと主張し、世界で加速する「脱中国」の動きに加わらないようくぎを刺した。