【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は6日、ロシアが一方的に併合を宣言したウクライナ東部ルガンスク州リシチャンスクで市民ら28人が死亡した砲撃について協議する緊急の公開会合を開いた。会合を要請したロシアは「ウクライナによる民間人へのミサイル攻撃だ」と批判。ウクライナもロシアの攻撃で、ウクライナ領内で多数の民間人が死傷していると反論し、非難の応酬となった。

 ロシアのネベンジャ国連大使は、3日の砲撃では、米国供与の高機動ロケット砲システム「ハイマース」が使われたとした。

 ウクライナの代表は、ヘルソン州のホテルをロシアが5日にミサイル攻撃し、乳児を含む2人が死亡したと主張した。