【キーウ共同】ウクライナのシンクタンク「ラズムコフ・センター」は7日、世論調査結果を発表し、ゼレンスキー大統領を「信頼する」との回答が69%だった。昨年2〜3月の調査では85%だった。一方、軍の信頼度は94.9%に達した。

 ゼレンスキー氏を「完全に信頼している」は30.9%、「どちらかといえば信頼している」は38.1%で、調査で問われた政治家や著名人の中で最も高い割合だった。ゼレンスキー氏が解任を検討しているザルジニー軍総司令官は調査対象になっていない。

 調査は1月19〜25日、ロシアに併合された地域を除くウクライナ全土の2千人を対象に実施された。