【北京共同】中国の習近平国家主席は8日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、対立する米国を念頭に「中国とロシアは密接に協力し、国家主権を防衛すべきだ」と述べた。プーチン氏は台湾問題で「中国を挑発する行為に反対する」と主張し「一つの中国」の原則を支持する立場を鮮明にした。新華社が伝えた。

 習氏は「中ロ関係は新しい発展の機会を迎えている」と強調し、外部勢力による内政干渉に「断固反対する」と指摘。プーチン氏は「中国と相互に支持し合い、正当な利益を守ることを希望する」と応じた。ロシア大統領府によると、パレスチナ問題の外交的解決を支持する立場を共有、ウクライナ情勢にも触れたという。