【ニューヨーク共同】ロシアによるウクライナ侵攻開始から24日で2年となるのに合わせ、国連総会の会合と安全保障理事会の緊急公開会合が23日、それぞれ開かれた。いずれの会合でも決議案は提出されず、関心の低下を懸念する声が上がった。日本や米国、欧州など50超の国と機関は「ロシア軍の即時撤退」や「北朝鮮からの武器調達停止」を求める共同声明を発表し、ウクライナへの連帯を強調した。

 侵攻1年に当たる昨年は、国連総会でロシア軍の即時撤退を要求する決議案を193の加盟国中141カ国の賛成で採択した。今回の共同声明に国名を連ねたのは欧米がほとんどを占めた。