【ロンドン共同】英国のチャールズ国王はキリスト教のイースター(復活祭)の3月31日、ロンドン郊外のウィンザー城で礼拝に参加した。2月上旬にがんを公表して以降、大きなイベントで国民の前に姿を見せたのは初めて。カミラ王妃と共に、待ち受けていた人々に笑顔で手を振った。

 チャールズ国王は聖ジョージ礼拝堂で1時間ほどの礼拝を終え外へ出ると「寒くなかったでしょうか」などと人々に話しかけ、握手を交わした。ほかの王室メンバーも参加したが、3月下旬にがんを公表したキャサリン皇太子妃は欠席した。

 チャールズ国王はスナク首相との定例面会などは再開したが、公の場での公務は控えている。