国際原子力機関(IAEA)の専門家チームは2日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策の改善状況について調査を終了した。チームのタパニ・ハック氏は同日、稲垣武之所長らとの会合で「核物質防護システムで継続的な改善が確認できた」と評価した。稲垣氏は「チームのアドバイスに基づき、さらに強化する」と応じた。

 調査は3月25日から実施。設備の確認や、核物質防護の担当者から聞き取りなどを行った。ハック氏は今後、最終報告書をまとめて数週間以内に東電に提示すると説明した。東電は、報告書を公表できるかどうかについてはIAEAと協議するとしている。