【キーウ共同】ウクライナ軍などは4日夜から5日朝にかけて、ロシア領内の3カ所の飛行場を無人機で攻撃し、ロシア側の11人が死亡した。複数の軍用機を損傷させた。ウクライナ情報筋が共同通信に明らかにした。

 ウクライナ東部ハリコフ市当局などは6日、5日からの夜間に市の住宅地へロシア軍の攻撃があり、7人が死亡、10人以上が負傷したと発表した。ウクライナ軍によると国内各地に飛来したミサイル6発のうち3発、無人機32機のうち28機をそれぞれ迎撃した。

 情報筋によると、飛行場への攻撃は軍と国防省情報総局の共同作戦。