【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は5日、パレスチナ自治区ガザで米国の食料支援団体ワールド・セントラル・キッチンのメンバー7人を死亡させたイスラエル軍の攻撃について、透明性がある「独立調査」をイスラエルに求めた。支援団体への攻撃は何度もあると指摘し「軍事的戦略と手続きに問題がある」と訴えた。NYの国連本部で報道陣の取材に応じた。

 グテレス氏は「100万人超が破滅的な飢餓に直面している」と述べ、即時の人道的停戦を改めて呼びかけた。イスラム組織ハマスが拘束している人質の解放や、ガザへの支援強化も求めた。

 国連安保理は5日、食料支援団体への攻撃を協議する緊急会合を開催した。