東京電力は19日、福島第1原発からの処理水の海洋放出を再開した。昨年8月の放出開始以来5回目で本年度は初めて。5月7日までに約7800トンを放出する。

 処理水は放出前に放射性物質の濃度が国や東電の基準を満たすことを確認している。本年度は計7回5万4600トンを放出する計画で、放射性物質トリチウムの総量は年間上限とする22兆ベクレルを下回る約14兆ベクレルを見込む。

 原発周辺で採取した海水の分析では、放出開始以降に検出したトリチウム濃度は最大で1リットル当たり22ベクレルだった。東電が設けた放出停止の基準(700ベクレル)やWHOの飲料水基準(1万ベクレル)を大きく下回っている。