旧優生保護法の下で不妊手術を強制されたとして、国に損害賠償を求めた宮城県の60代原告女性側と県議の意見交換会が15日開かれ、県議側は2月議会で実態解明と補償を国に求める意見書を採択することで一致した。