滋賀県守山市出身のサッカーJ1清水エスパルスMF村田和哉選手(28)=野洲高−大阪体育大出=が、プロサッカー滋賀県人会を立ち上げた。「子どもにとってプロ選手と直接触れ合うことは大切。教室を開き、滋賀からでもプロになれると夢を持ってもらいたい」と意気込みを語る。

 自身も小学5年の時、日本代表DFとして活躍していた井原正巳さん(現J2アビスパ福岡監督)と対面し、大きな刺激を受けた。「僕もこんな選手になりたいと思った」。自身のスマートフォンには、井原さんと一緒に写った当時の記念写真を収めている。

 守山市のふるさと大使も務め、地元への愛は深い。「生まれ育った滋賀県が大好き。守山でサッカー教室を開いたりしていたけど、もっと大きい範囲で貢献したいと思った」と、県人会立ち上げの理由を語る。

 セレッソ大阪でプロ生活を始め、清水では途中出場して流れを変える「スーパーサブ」として奮闘する。「スピードあるドリブルを見てもらい、目指そうと思われるような選手になりたい」

 自身が同世代の選手に連絡し、集まった会員は、OBも含めて22人。「滋賀にこんなに多くのプロサッカー選手がいることを地元の人は知らない。選手同士の絆を強める場にもしたい」と思い描く。