京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺で4日、同派の僧侶になるための臨時の得度式があった。夏休み中の子どもたちが全国から集まり、初々しくお坊さんとしての第一歩を踏み出した。

 宗祖親鸞の得度の年齢にちなみ、同派では満9歳で得度できる。夏休みの8月は子どもの希望者が多く、通常は月1回の得度式を2回に分けて実施している。

 白色の装束姿の受式者たちは、午前9時すぎ、大谷暢顕門首から、一人一人の頭にかみそりを当てる「剃刀(ていとう)の儀」を受けた。くりくり頭の男児や髪を束ねた女児たちも、僧侶になった証しとして法名と墨袈裟(すみげさ)を授かり、最初の勤行に臨んだ。

 今年は9歳児58人を含む男女104人が参加した。