台風5号は8日、北陸から日本海へ抜け、新潟県沖を北北東に進んだ。7日からの雨で滋賀県や福井県では避難指示が出た。

 長浜市大井町では8日午前0時ごろ、姉川が県道の通る「切り通し」と呼ばれる左岸の堤防切り落とし部分(幅約6メートル、深さ約3・5メートル)から氾濫した。濁流が住宅地に入り込み、床上・床下浸水した。

 市は午前2時に同町の左岸地区65世帯約200人に避難指示を出し、同地区を含む市内中北部の住民554人が小中学校4カ所に避難した。市や長浜・木之本両署などによると、人的被害は確認されていない。

 浸水被害の全容は市が確認を進めている。