甲子園初勝利を挙げた彦根東ナインは10日、東大阪市の花園中央公園野球場で2回戦の青森山田戦に備えて練習を再開した。

 前日の9日は大会観戦など完全オフで初戦の疲れを癒やした。この日は朝から宿舎前の坂道を走り、近くのバッティングセンターで打撃練習に打ち込んだ。村中監督は「練習前に忘れ物をした選手がいて気の緩みが出ていた」といい、心身ともにねじを巻き直した。

 球場では午後1時からノックを始め、選手たちはきびきびとした動きを見せた。実戦を想定した打撃練習では、初戦で登板しなかった松井主将や原功もマウンドに立ち、投球の調子を確認。松井は「一度休み、疲れは取れた。球の調子もいい」と話した。

 主力野手は長めに守備に就き、初戦で苦しめられたセーフティーバントの対策にも着手。一塁手の吉本は次戦に向けて「隙を見せないようにしたい」と気を引き締めていた。